美容室代の節約

カラートリートメント剤で節約

普通のカラーリングをすると、どうしても髪の毛はダメージを受けてしまいます。ですからカラーリング+トリートメントと言う事を繰り返す事で、なんとかダメージを抑えながら、カラーリングを繰り返す、と言う事を普通はしている訳です。ですがこれは美容院 錦糸町駅 トリートメント ヘッドスパ 予約 口コミ おすすめカラーリング代とトリートメント代の両方を常に使う事になるので、とても痛い出費ですよね。その出費を出来るだけ抑えようとしたいならば、オススメなのは、カラートリートメント剤です。カラートリートメントは、トリートメントをする事で、色を入れることができるものです。つまり一度でカラーもトリートメントも出来る訳です。代表的なところでは「ヘナ」ですね。自然のものから出来ているので、トリートメント剤としてもとても髪の毛に優しいものです。ただ残念なのは、あまり劇的に変化するような髪色にする事が出来ません。自然に近い感じの茶色に整える程度です。それでも、代金は安ければ1000〜3000円程度のようです。また自分で手軽にできる事も魅力的です。節約とまではいかないにしても、同じお金をかけると考えるならば、ヘナを使えば2・3度カラーが出来る計算になります。何よりも髪の毛に優しい事が魅力的ですから、良い事づくめの方法だと言えるのではないでしょうか。
美容室の中には「軟水」にこだわっている美容室も有ります。日本の水道水は硬水でも欧米ほどは高度が柔らかいために、そのまま使っても問題は無いのですが、最近ではそれでも軟水や純度の高い水にこだわっている美容室も有ります。軟水であるとどの様な効果があるのか、というと、まず軟水で髪を洗うと、髪の毛がしなやかになると感じるそうです。また軟水であるとパーマのかかり具合も違う、と言います。とてもソフトに仕上がるのですが、それでいてかかり具合がしっかりとしているそうです。カラーリングに関しては、カラーリングの後でトリートメントなどをしなくても、乾かすだけでツヤが出るそうです。水道水には塩素や鉄分などが微量ではあるけれども含まれていて、それらがキューティクルの間に入り込んでしまうと、キューティクルが剥がれ落ちたり手触りを悪くしてしまったりするようです。軟水を使う事で、そういう事が無くなるのでカラーなども入りやすくなります。入りやすくなる、と言う事は強い薬剤を使わなくても良い、と言う事になるので、結果的に髪の毛に優しい施術を行うことができるようです。最近では軟水とか重度の高い水にろ過する事の出来る装置などもあるので、それを取り入れている美容室も少なくないようですね。

 

ロレッタ
http://www.loretta-jp.com/